民泊ビジネスで起業する|マンション管理会社のランキングで最適なものをチョイス

マンション管理会社のランキングで最適なものをチョイス

民泊ビジネスで起業する

説明

需要は年々増加傾向

近年、我が国を訪れる外国人旅行者の大幅な増加などを契機として耳目を集めているのが、民泊ビジネスです。民泊とは、ホテルや旅館などの旅館業者以外の者が旅行者を泊めることをいいます。現在、国は民泊に係る規制緩和を積極的に進めており、また一定の要件を満たせば業として民泊を行うことを条例によって認める自治体も増えてきています。この民泊ビジネスは、アパートやマンションを所有するオーナーにとって、新たな収益の獲得手段として注目されています。中には民泊に利用することを前提として、新規に投資用マンションを購入するといった動きも見られます。また、実際に利用者を獲得する際にも、最近は便利なサービスが普及しています。それがairbnbです。

管理業務はプロに一任

airbnbは専業の宿泊施設であるか民泊施設であるかを問わず、さまざまな物件を登録できるウェブサービスです。旅行者がairbnbにアクセスして気に入った施設が見つかったら、あとは施設所有者に直接コンタクトして利用手続きを行います。この利用申込受付や施設管理を代行する業者もいます。代行業者を利用すれば、airbnbへの登録や情報更新に始まり、宿泊者への利用条件の説明、鍵の受け渡し、料金精算といった手続きをすべて代行してもらえます。外国語によるサービス提供に対応している代行業者も少なくありません。airbnbはアメリカで始まり、世界中に普及しているサービスなので、外国人旅行者をターゲットとすることで稼働率を上げることができます。